プロフィール

Tgash

Author:Tgash
Gash : 71’03/03    
 いわき市
 妻 1人 長女 長男 
  次女 の5人家族
Gash-Time:08.2/2~

アクセスカウンター
Tree-Comment
LINK 1
LINK 2
  •  余 品
    余品の状況です。
    お気軽にご連絡下さい。
    ※送料はご負担願いますね。
    管理者
    ☆ インフォメーション ☆
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     みなさん、こんばんは。

     ◎応募要項に関しての追記
    メイン枠応募は、同じ番号での応募は不可としています。
    ※賞品1点に複数応募は、なしです。

     ご了承願います。

     ◎30日18:00までの応募集計で~す
     ◎30日21:30までの応募集計で~す
     ◎10/1 午前9:30までの応募集計で~す

    たくさんのご応募メール、ありがとうございます。

     ご応募をいただいてるわけですが、時折数字が文字化けでしょうか、『?』マークとなり、応募内容が分からないことがあります。
     お手数をお掛け致すことになりますが、
     【ヘラニョロ:有・無  :○番
     メイン賞品:第一希望・○番、第二希望・○番(、第三希望・○番)】

      と、明記頂くと一発で受付出来ると思います。
     それでも、『?』マークがでて、応募賞品の確認をすることが出来ない場合は、確認メールをさせて頂きます。受付期間終了までにご返信をして頂くよう、お願い申し上げます。
     しっかり、がっちり、受付させて頂きます。 

     

     あんまり寒くて、ストーブをたいているGash家です~
     季節の変わり目だけに、チョット温度が低くなるだけで、寒さを感じます。
     
     そして、カブクワ温冷室からカブクワ温室に変わりつつありますな~
    ってことで、温度管理は、こたつから抜き取ったヒーターとピタリ適温2個。
     今年で3年目です。・・・意外と持ちますね~
     弱にして使用中。しっかり温室内の隙間を詰めると温度管理は意外と順調にいきます。
    ・・・が、あんまりきっちり隙間を詰めると虫達が窒息?しそうなので、温室の扉の部分の隙間はいまのところ、そのままにしてます。
     現在、24度設定で、上部は暖かいです。
     ただ、今年4月に温室を拡大したので、冬場はどうなるか分かりませんね~
    ・・・もう1台ヒーターが必要になってくるかな

     また、ヒーター設置に伴い、虫達の居場所も移動中。
     ラック上部にニョロ達。次の段が成虫たち。その次の段は卵やニョロ。
    低温種チームは扉近くに置いて、一番下。余ったスタイロで温風を遮っています。

     一緒の温室に低温種チームと22度~25度安定チームを入れると、仕切りが必要になってます。

     
    スポンサーサイト
     みなさん、こんばんは。

     温冷室のバージョンアップのための工事をしてました。
    ・・・まだまだ、途中なのですが。
     
     今回の工事内容は、A-220の天井部分に廃熱ファンがあるため、温冷室の外側屋根辺りが、こもったり、しけったりするので、このA-220の位置を25㎝ほど下げることと、マルチファンの取り付け等です。
    画像 004まず、屋根、A-220をはずしました。
    画像 001画像 007
    A-220をスッポリ入れていた屋根の部分を広げて、また元の場所に戻す作業。
    画像 009画像 010
    このときの温冷室の温度(左上)
    ・・・やばいです。
    ってことで、ネオアイスを2つ、ラック上部に設置。
    小型扇風機も稼働。
    ちなみに、サタン等低温種は特別発泡スチロール部屋で管理。
    画像 012画像 013画像 015
    まだまだ途中ですが、A-220の稼働だけしなくてはと思い、設置に至りました。
    あとは、A-220の下に棚を作り、また、マルチファンを稼働させ、冷えた温冷室を持続させるための補強くらいですね。

     平日やる仕事じゃなかったです。
     みなさん、こんばんは。

     最近、また暖かくなってきていて、室内でも27度、温室内もそれくらいになってきています。
    ・・・日によって温度差がある、微妙な季節です

     ってなことで、無理矢理、前振りしてみましたが、今日やっと夏対策用に購入したA-220(三階松きのこ農場さん)が届きました。
    ・・・手違いがあり、少し遅れての到着でしたが
    ・・・福島県と福岡県を間違えたのかな
     画像 001
     内容物の画像を撮らなかったのですが、本体と排水パイプ、・・・2つかな
     
     早速、取り付け開始です。
    たしか、本体を、先日屋根に開けた穴から、スポッと入れるだけのハズ。
    まず、屋根部分のコンパネ(スタイロフォーム付き)を取り出し、本体を入れてみると、スッポリはまる。
     ・・・完璧じゃん
     で、この状態をキープしつつ、屋根部分に戻す作業。(本体は、約13㎏)
    ・・・   
       ・・・
         ・・・
    ・・・
       あれ、本体がぶつかるゾー
     ありゃりゃ、どうしても天井が低いので、つっかえて入りませんでした。

    ・・・30分後

     色々考えました。ほんとに入らなくて、やばい状況だったんです。で、方法はいくつかあったのですが、なるべく大がかりにならず、簡単に出来るやり方を。
     で、これ
    画像 004
    温室入り口のメインの横板を、ノコギリでギーコギーコ。長めに切り取り、屋根部分のコンパネ(スタイロフォーム付き)と本体を付けたものを斜めにして、やっとこさ、完了。最初軽く感じた13㎏が、60㍑のマットを持ってる感じがして、ヘロヘロ
     結果、これ
    画像 005画像 009画像 012
     あとは、排水パイプを付けてバケツをおき、コンセントを入れ、試運転。
     感想は、性能抜群。
     いい感じです。
    あとは、もう少し使ってみて、温室内の断熱度チェックや、送風、稼働中の各場所の温度チェック等々が必要になりそうです。
     これで、環境的にはだいぶ楽になりそうです。
     みなさん、こんばんは。
    (一度記事を書いたのに、間違って右上のボタンを押してしまったオバカなGashです

     ってことで、思い出しながら。

     雨ばかりの、いや~な季節。
    でも、それが過ぎれば、採集にもってこいの日々。
     今年は、ミヤマとオオクワでしょう

     さて、まもなく訪れる暑~い夏対策として、ある荷物が届きました。
    (独身時代にため込んだマル秘通帳が底をつきました。)
    てなことで、早速、温室改造計画作業開始。
    まずは、こちらから
    画像 002画像 004画像 017
    H.Pから設置方法・加工法をプリントアウトしていたので、それを参考に、カッティング~~
    画像のコンパネとスタイロフォームはすでに今現在の温室の屋根として使用中なので、しっかり専用ボンドでくっついております。なので、作業としては、設置のために規定通りにカットするだけでO.K。
    ・・・ちょっと、無理矢理切り取りましたが。(アッハッハ。。。
    画像 020画像 022
    で、カット後、温室屋根部分にはめ込んでみました。
    なかなか、うまく行ったかと思いますが、本体をはめ込まなきゃ分からないので、早速届いていた荷物をいよいよ
     O P E N 
    ・・・・
       ・・・・
         ・・・・
    ・・・・
      ・・・・
        ・・・・
    ・・・・
       ・・・・
         ・・・・
     ・・・・・・・・・・・マットだアフロさんとこのヘラクレスマット
    画像 014
     マットも注文してたの、忘れてた~
     あっはっは~~ショック
    あれれ、いつ届くんだろう。チェックしなきゃ。

     え~い、カブクワッ。
    画像 006
    ※タラ♀、投入。頼むから穿孔しとくれ~~

    画像 013
    ※D.H.ヘラクレス。
    画像中の左側が、♂B×♀⑤ペア:順調
    右側が、♂A×♀④ペアのはずが、♂Aがやる気がないので、♂チェーンジ。
    で、♂C×♀④ペアになりました。

    画像 031
    ※むっふっふっ。
    だれでしょ~~


     
     みなさん、こんばんは。年度初めと言うこともあって、これからさらに忙しくなることが予想されたので、かぶ・くわ増種、ブリブリのために、温室を拡大してたわけですが、やっとこさ、完成度90㌫ですが稼働させました。画像 001画像 003こんな感じです。温度計は上のがラック上部。下のは、ラック最下部を示しています。扉の取っ手は、余った材木です。(じゅうぶん じゅうぶん
    画像 004画像 005画像 006部屋が狭いので、扉を開けても正面からうまく撮れませんでした。温室外側側面はフリーエリアです。どうしようかな。

     残り作業予定として、屋根の一部分をスタイロとコンパネを貼り合わせて、はめるだけ。
    温室内部をスタイロ、保温シートの貼り付け。後々、換気扇的なものを導入しようかと。

     あとは、余った材木で、温室内専用 チェアー を作れば、腰への負担は減るかな。
     みなさん、こんばんは。
    また、日付が変わりましたが、9日の夜と言うことで。・・・更新した時間がブログ上に出るテンプレートに変えようか迷っちゃいます。
     さーて、やっとこさ、温室拡大  中にあるラックの位置を変えるだけなんですが、取りかかりました。もひとつ、カーテンレールの位置を10㎝ほど上に移動。
     どうしても夕方からの作業になるので、完全には出来ていません。
    画像 001今までの温室。
    画像 003隣の部屋へ一時移動。ストーブ炊いて部屋締め切りで20度から24度。・・・温室作るより、この部屋欲しい。(4.5畳)
    画像 004左下を見てみると隙間があるのですが、、ラックの向きを変えたときに30㎝増築しなければなりません。
    画像 006増築完了して、ラックを置き始めたとこです。横幅ぎりぎり。以前のものより、手前が広くなります。
    画像 008ラック内は満タンでーす。何となく傾いて見えますけど、これは、 が傾いてるだけでーす。屋根が斜めなんです。残りの作業としては、天井・正面に扉・温度計類の配置等々。
    画像 010ということで、今日の作業終わり。
    ・・・間に合いませんでした。天井と正面の扉作るの。ピタリ適温2個とこたつヒーター稼働してますが、すきまだらけだから
     今晩だけでも、持ってくれー。
     みなさん、こんばんは。すでに夜中の1時半すぎです。ってことで、もひとつ飼育環境いってみますか。
     今回は、野外編です。ただのかぶ・くわ専用の物置です。
    画像 111不器用な でも出来る簡単な作りで、意外とものを置くことが出来ます。

    画像 109画像 112画像 114画像 116
    一番左が中の様子で、3段になっています。まず上段が、よごれブロー、ケース等で、中段が洗浄済みもの。最下段が衣装ケース等をいれてます。夏場は最上段あたりで国産ものを置く予定です。
     もうひとつが、窓を隠さないくらいの高さで作った足下にある物置です。ここはマットのガス抜きや、今のところ材をおいてます。まだ未完成で、普段はこの蓋として少し厚めの板を置いて座れるようにする予定です。雨の時は、塩ビの波板でもかぶせておもりを置けば、しのげるかな。

     ただこの冬場、ブロー容器やケースが割れやすくなっています。
    みなさん、こんばんわ。今日はかぶ・くわの住みかの紹介です。
    画像 034画像 038画像 044

     去年年末に引っ越しをしたので、新たに飼育部屋確保しました。
       悲しいかな、窓のある方が、入り口です。        (1枚目画像)
      メタルラック(高さ180、幅120、奥行き46)
     フローリング部分、窓から畳までの長さ:130
      枠をうまくあわせて加工するにしても  
            なぜ入らない   
       


       カ ー テ ン レ ー ル が
       じ ゃ ま し て る
         
      

       当分このままで。
      冬場の温度管理は、こたつから抜き取ったヒーター。今年で2年目です。
     弱にして使用中。しっかりした蓋で温度管理は意外と順調にいってます。
      
      ただし、 温室乾燥気候です。
    Calendar

    09 ≪ 2017/1011
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ©Plug-in by ASIA SEASON
    オンライン
    現在の閲覧者数:
    BBS
          掲示板
    カテゴリー
    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Weather

    -天気予報コム- -FC2-
    ブロとも申請フォーム
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。